YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

WordPressのサイドバーや固定ページにYouTubeのチャンネル登録ボタンを設置する方法

ブログ
この記事は約4分で読めます。

YouTubeチャンネルボタンを作成する

ワードプレスをやっている人で
YouTubeもやっている

今回はそんな人に向けた記事になります
ワードプレス テーマ

Cocoonを使用しています

YouTube記事内に動画を貼る

YouTubeの動画をUPして
ブログにも挿入する場合

埋込→YouTube→URLを挿入

とても簡単に挿入出来ます
あっという間にYouTubeのリンクが貼れました

YouTubeではチャンネル登録ボタンがあります

チャンネル登録する場合

→YouTubeを見てチャンネル登録する

一般的にはチャンネル登録ボタンを押す事で
登録する事が出来ます
一人でも多くの方に登録して貰えるように
YouTuberは色々な方法で宣伝しています

・動画内で宣伝
・SNSで宣伝

そこでふと気がつきました

ブログを見て
チャンネル登録してくれる人もいるかも


そこで
YouTubeのチャンネル登録ボタンの様な

ボタンをWordPressでも作りたい

早速使ってみる事にしました


結論から言いますがプラグイン無しでも

簡単にYouTubeボタン作れます

それでは早速使っていきましょう

パソコンサイトにアクセスする

スマホでも可能なのでその方法も説明します

YouTubeのパソコン版にアクセスする方法は

ブラウザで[YouTube pc]と検索する
トップの[ログインーYouTube]にアクセスする
パソコン管理画面になりました

うまくいかない場合は下記リンクより

管理画面に進んで下さい

YouTubeチャンネルID確認は下記リンクに

詳細が書かれています

サポートGoogleで確認する
①YouTubeアカウントにログインする
②右上のアカウントアイコン→設定アイコン
( 歯車ボタン)をクリックする
③画面左にあるボタン(詳細設定)をクリック
④アカウント情報でチャンネルIDをコピーする

Google Developesにアクセス

Google Developesにアクセス
英語表記ですが下にスクロールしていきます

Subscribe Buttonsの

ADD A BUTTONを押す

チャンネル名またはIDの欄に
Google Developesと入力してあるので
まずはこちらを削除する

次に先程コピーしたIDを入力します

レイアウトはデフォルトかフルを選択出来ます
テーマはデフォルトとダークを選択出来ます
※レイアウトをフルにした場合のみ
ダークになります
チャンネル登録者数は表示/非表示選択出来ます

好きなレイアウトに変更後コードをコピーする

後はカスタムHTMLにコピーしたコードを
入れてプレビュー押すと
YouTubeチャンネルボタンが作成出来ます

固定ページでもサイドバーでも
好きな場所に貼り付けるだけになります

メッセージを入れたい場合

チャンネル登録お待ちしております
上記の画像のようにメッセージを入れたい場合
コード欄に直接書き込めば大丈夫です
コードの上下どちらでも問題はありません
⤴︎
中央に表示したい場合は

<center>コード<center>の様に

挟み込めば中央表記になります

記事内につけると表示エラーになります
サイドバーのみに
使用した方が良いかも知れません

サイドバーにYouTubeボタンを設置したい

ダッシュボード→外観→ウィジェット

→サイドバー

ここにテキストのウィジェットをサイドバーにドラックする

※テキストは3種類あり
[C]テキスト(pc用)
[C]テキスト(モバイル用)
テキスト

パソコンとモバイルで両方表示したい
場合はテキストをドラッグして下さい


▼ボタンを押すと

タイトル入力(入れても入れなくても良い)

ビジュアル/テキストタブがあるので

テキストタブにコードを挿入する
スマホ画面ですがサイドバーに
YouTubeチャンネルボタンが設置出来ました
ウィジェットの順番を入れ替えれば
トップやフッターなど位置は変更可能です

チャンネル登録者数を表示する場合

YouTubeチャンネル登録があった場合
YouTubeかGoogleメールで通知あります

設置したチャンネル登録ボタンに
即座に反映されるのかなと思ってましたが
少しタイムラグあるようです

1日遅れてとかではないですが
1時間〜数時間程度で更新されます

最後に

YouTubeチャンネルボタンを設置は

とても簡単に出来ました

まだまだ知らない事もあるので

少しずつサイトを改善していきたいと思います

最後まで読んで頂きありがとうございました
タイトルとURLをコピーしました