YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

スタビライザーとコンフォートシャックルってどっちが良いの?ハイエースの足回りは難しい!

ハイエース
この記事は約11分で読めます。

中古ハイエースを購入

最初に私のハイエースはハイエース 1型 4WD ディーゼル標準バンS-GLです。2017年4月にプリウスαから中古ハイエースに乗り換えした初日、胸が踊るような気持ちでワクワクして帰宅していましたが、その帰り道あまりにも乗り心地が悪くて、驚きが隠せませんでした。段差乗り越えるとドカーン。高速でトラックの横を通り抜けた時やコーナーでふらつく。冷や汗が止まらなかったです。
【ハイエースを買った理由】
購入理由

ファミリーとしてハイエースを使用する

当時私の子供は2歳で、このままの状態では乗せれません。
早速乗り心地対策を考えました。

✅購入時の足回り

KONIのダンパー 玄武ストロークストッパー 1.5インチダウン

▼イメージは画像参考▼
【KONIショックアブソーバー】
HIACEを中古で購入したため、はっきりとした交換時期は分かりませんが、モータースポーツの最高峰F1で培われ、欧州ではとてもメャーなブランドで、マセラティ、ランボルギーニ等の数々のスポーカーに純正採用されているショックアブソーバーです。4段階減衰調整でき、1番最弱な状態で純正より少し固い感じ。走行距離が増しても、徐々に減衰力を上げていくことで理想の減衰力を手に入れる事ができる。とても良さそうなショックです。

確かに高速ではかなり安定した乗り心地を体感できました。純正のショックで乗ったのはレンタカーしかありませんが、突き上げ感は純正よりは良いが、下道で段差を乗り越えた時飛び跳ねる感じではないが、やはり、この状態では、乗り心地が良いとは言えない。

また上記写真の青いパーツについて説明すると、

【玄武ストロークストッパー】

ハイエースの足回りには、純正でゴムのストッパーがセットされています。1.5インチダウンに限らずローダウンする事で、ストッパーがノーマル時より干渉しやすくなるので、それが乗り心地の改善の悪化を招いています。玄武のストロークストッパーは硬さが異なる樹脂の2層構造になっており、干渉した際には、衝撃をうまく吸収してくれる為突き上げ感が軽減するアイテムです。ローダウンした場合には、必須アイテムです。

ストロークストッパーには標準とPRO、MAXがあります。

ノーマル▶︎標準
2.5インチ以上のローダウン▶︎PRO
それ以上のローダウンなら▶︎MAXを選択すると良いです。

ローダウンのデメリット

ローダウンすると見た目的にはカッコよく見えます。しかし、それと引き換えに多くの問題が発生します。

車高を下げる→地面に近くなる→車体が接触する

イメージは出来ますよね。他にも問題があります。

車高を下げるとドライブシャフトブーツが破損してグリスが漏れやすい。

破損する原因は、ローダウンさせるとドライブシャフトの角度が変わって、ブーツの山が干渉するからです。その結果グリスがはみ出してきます。これは購入時に気がつけたので購入前に交換してもらいました。車高下げる場合は、シャフトブーツも社外品に交換必要です。他にもステアリングの動きが悪くなったり・・・。その場合は、RCジョイントやバンプアジャストタイロッドエンドを つければ解決します。話し出すと長くなるので先に進みます。

まず最初にやった対策

簡単に乗り心地を改善できるコンフォートシャックルを装着
シャックルとは、ストローク時にリーフスプリングの全長変化を吸収する為の可動パーツの事です。フロント側はボディーに固定する形になっている為、リア側のシャックルのみストローク時に動きます。

有名なHOT STYLE CUSTOMSのコンフォートシャックルを装着してみました。
ホットスタイルカスタムズのコンフォートシャックルは、可動軸が2点から3点に変更してあり、リーフの動きに合わせてスムーズに変化させる事で、突き上げ感の解消には最適なアイテムです。

シャックルを交換するだけで、ハイエースが乗用車並みの乗り心地に改善します。空荷状態でも効果を体感出来ると言われています。

実際の所どうなのか?

はっきり言います。突き上げ感は激減しました。ドカーンからグニュ〜(私個人のイメージです)。簡単に乗り心地を改善出来ました。唯一のデメリットは構造変更が必要です。強度証明や、主要諸元比較表などをまとめた改造概要説明書が付属しているため、変更も簡単です。ただし、車検証の記載に【ハイエース改】と変更となります。問題となる所は保険でしょう。私はダイレクト系の保険を利用していますが、反社会的な勢力に属していない違法改造をしていないとの選択項目があるので、更新時に聞いてみました。勿論改造理由は、書類通りに乗り心地の改善の為に構造変更しましたと説明。➡︎結果問題なく継続されました。

手軽に乗り心地を手軽に良くするならオススメのアイテムです。

乗り心地対策は続く

コンフォートシャックルを装着してしばらくその状態で乗っていましたが、【上げ系カスタム】がトレンドになってきており、私のハイエースも4WDで、どちらかといえば雪山や砂浜をガンガンに走りたい思いもあり、ローダウンからまずは純正車高に戻す事にしました。

その際に少しお小遣いもあったのでついでにショックアブソーバーも交換してみました。

ビルシュタイン装着

とりあえず当時お世話になってたショップに相談したところ、最初に勧められたのは、アウトバーン仕様のビルシュタインのショックアブソーバーでした。

【オススメの理由】
フロントがヘビーの4WDに絞って制作。日本のビルシュタイン代理店で作成してるのではなく、ドイツ本国にオーダした特注品。減衰力調整はついていないが、どこが最適かどうか一般の人には、分かりにくいし、こまめに減衰力調整をする人もすくないので、ポイントに絞って調整している。

値段は大体15万円

とても良さそうだけど予算オーバーです!

それならとノーマルストロークのビルシュタインは半額くらいの値段で購入可能。更に、積載300kg程度のセッティングだからベットキットとか、少し荷物積んだくらいならちょうど良いかもと提案されました。たまたま店の在庫にもあり、すぐに交換出来ますとセールストークされました。そんな流れで、試しに装着してみる事になりました。ノーマル車高に変更となる為、バンプストッパーも純正の物に交換。

変更後は車高がノーマルになって視界が更に高くなり見やすいのと、走行中のリバウンドは減り、少し硬さは感じつつも、細かい振動は上手く吸収してる。高速でも問題無し。安心して走行できる。ベットキット積んである状態でも快適に走行可能でした。

車検後にシャックル外し

ビルシュタイン
ノーマルストロークダンパー
コンフォートシャックルの装着

快適にハイエースライフを過ごしていました。正直もうこれで満足いうレベルだったので、そのままの状態で、しばらく乗っていました。2019年4月になり車検を受けた所、マフラーの穴あきを指摘されました。雪国の宿命です。
画像の様に車検はなんとか穴を簡易的に塞いで通りましたが、来年は厳しいと言われたので、マフラーを交換しようと考えました。ハイエースのマフラーってあまり調べてなかったので、Yahoo!ショッピングで3万円くらいの車検対応のマフラーを購入。
ハイエースのマフラー交換したので純正と社外マフラーで排気音を比較してみました
動画を見たら分かると思いますが、純正より低音で音量はやや大きめですが、アクセルを踏むと気持ちの良いディーゼルの音が聞こえ、始動時の音もカッコ良い。しかし、マフラー交換により問題が発生してました。コンフォートシャックルがマフラーと干渉してしまいました。

構造変更してシャックルつけて乗り心地良くなったのに、マフラー交換した事によりシャックルが付けれない。下調べが甘かった。仕方ないので、純正シャックルに戻しました。マフラーを加工しても良かったかなと後から思いました。マフラー交換後マフラー音は良くなりました。アクセルを踏んだ感じも少し良くなった気がします。エンジンをかけた時ディーゼルエンジンの心地よいサウンドが響きます。しかしコンフォートシャックルを取り外したので乗り心地は少し悪化してしまいました。

それでもビルシュタインのダンパーを付けているので、最悪まではいかないものの、シャックルを外した事により突き上げ感が少し気になりました。さてどうしたものかと悩みます。

迷ったらショップに相談

コンフォートシャックルをつけた場合、リアスタビライザーは取付出
来ません。

これはシャックル取付後に分かりました、しかし、フロントのスタビライザーは交換可能です。
純正との違い約29%剛性アップしてあり、ハイエース特有の走行時のフワフワ感、直進安定性やコーナリングの旋回性能を大幅に向上させます。こちらはUI vehicleのフロントスタビライザーです。黒色の方が、純正スタビライザーです。とりあえずフロントだけ交換してみました。

交換後、フワフワ感の改善、高速走行時も風や、トラックの横を走行時にふらつく感じはなくなりました。コーナーもスムーズに曲がれるし、スタビライザーってめっちゃくちゃ良いじゃないか。

交換も手馴れたもんで20分くらいで交換してもらいました。

シャックル外したからこそ

マフラー交換して、コンフォートシャックルを取り外して、フロントスタビライザーを装着。

リアスタビライザー付けたい

欲が出てきます。まあ当然ですよね。フロントスタビライザーで効果は実感済み。ショップに相談したところ、このマフラーの形状的に多分リアスタビライザーは付けれない。

『・・・』

コンフォートシャックルに続いてリアスタビライザーも付けれない。ちょっとこのマフラー駄目駄目じゃん。乗り心地対策に首突っ込んでこないでほしい。どうしたもんか正直悩みます。マフラーを純正に戻せばリアスタビライザーは取付可能との事で、結局純正マフラーに戻す事を決定しました。

ハイエース 純正マフラー 値段】

さていくらぐらいでしょうか?➡︎約5万円になります。

まあそんなもんよね。最初車検の時に、純正に交換してれば良かったと後悔しましたが、YouTubeで動画一本撮れたので良しとしよう。

前向きに考える事が大事です

ショップから提案『純正形状の社外品なら少し安いよ』じゃあそれで即答しました。純正形状のマフラーとリアスタビライザーを装着する事になりました。

リアスタビライザー装着後

純正ではついていないリアスタビライザー。こちらもフロントと同じUI vehicleの商品です。追加装着することにより、走行安全性・旋回性がアップする。

本当ですか?

実際に高速、下道走ってみて確認してみます。下道では、全体的にバランスが良くなった感じ。ベットキットは外しています。突き上げ感を感じる事も少ないけど、進入速度が早いと少しドッカーンとなる。

高速道路は?

運転楽〜。ハンドルもしっかりしているし何より低速カーブや旋回性が確実にアップしている。メーカーが押している商品だという事が納得出来ました。これでとりあえずは足回りの乗り心地の改善は、一旦休憩です。

また足回り気になる商品があればまた記事書きます。

コンフォートシャックルとスタビライザーの比較

【コンフォートシャックル】

リアの突き上げ感を改善したいなら間違いなくこの商品
➡︎後部座席が快適空間になります

値段もスタビライザーと比較すると安い、交換も簡単です。

デメリットは構造変更必要


【スタビライザー】

ふらつきや旋回性能が確実にアップします。

高速のカーブでも気持ちよく運転可能。
横風に煽られた時も冷やっとする事は減ります。
ボディー全体で揺れを吸収する感じで左右に揺れた時にも、しっかり仕事している感じは伝わってきます。

デメリットはフロント、リア合わせると値段は10万オーバー

まとめ

乗り心地を向上させる為に、ショックアブソーバー、コンフォートシャックル、スタビライザーと色々試してみました。

ノーマル車高の場合はショック交換を最初にする。その次にやるなら、コンフォートシャックルかスタビライザーのどちらかを装着すれば、ファミリーカーとしての乗り心地に近づきます。あくまで私個人の意見です。乗り心地に関しては人それぞれ体感は違います。ローダウン量やショックの種類によっても異なってきます。

皆様も良かったら、乗り心地の改善をしてみてはいかがでしょうか?

動画はこちら


【ハイエース】乗り心地を良くしたい!コンフォートシャックルとスタビライザーの比較

【HeimVision HM311】1台3480円のダミーカメラのような価格の防犯カメラは使えるの??4台買って検証してみた!!!
【男の隠れ家/秘密基地】ガレージの照明選びは、コレで解決!!オススメの照明器具と実用的にする方法教えます。
【男の隠れ家/秘密基地】ガレージの天井を漆喰で塗ってみた|気になる仕上がり具合はどんな感じ??
【男の隠れ家/秘密基地】ガレージのシャッターはコレッ!!海外製のシャッターカッコ良すぎぃぃぃい〜
【男の隠れ家/秘密基地】ガレージの外壁選び|オススメは◯◯|外壁の施工方法や塗装方法も紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました