YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

【男の隠れ家/秘密基地】オリジナルガレージ作り|ガレージの基礎の立ち上げと土間コンクリート|

ガレージ
この記事は約3分で読めます。

生コンクリート投入

ミキサー車から一輪車に生コンクリートを入れたら、人力で木枠の中に運びます。生コンクリートを入れるだけでは、隅々まで敷き詰められません。そこで、コンクリートバイブレータという工具を使います。この工具は、振動を与える事で、生コンクリートを隙間なく充填するための工具です。

生コンクリート入れる→コンクリートバイブレータ使う。この作業の繰り返しです。

表面を左官ゴテを使用して平らにして、1日放置します。

1日経てばカチカチに固まります。固まったら木枠を撤去します。

基礎立ち上げ

基礎の土台が完成したら、次は『基礎の立ち上がり部分』を作っていきます。今回立ち上がり部分は、専用の型枠を使いましたが、木枠でも作れます。

型枠が設置されると、ガレージの大きさがなんとなく分かります。

型枠を設置する時は、位置がズレないように、両サイドからしっかり固定します。

場所によってはコンクリートにも釘が刺さるケースもあります。

ドアを設置する場所は、内側に木枠を入れて置きます。

生コンクリート投入

ミキサー車からポンプ車の後部へ、生コンクリートを移します。これで、ポンプ車のホースから生コンクリートが出てきます。生コンクリートを入れたら、左官ゴテで表面をキレイにします。

アンカーとネジを固まる前に差し込みます。

生コンクリートを入れ終わったら、天端レベラーを水と混ぜます。天端レベラーは、生コンクリートの上から注入して、表面仕上げするものです。水と混ぜたら、生コンクリートの上からバケツで流し込むだけです。

天端レベラーをネジが埋まるまで入れます。これで、基礎立ち上げが終了です。生コンクリートが固まるまで数日間放置します。

生コンクリート乾燥終了

生コンクリートが乾いたら、型枠を外していきます。

型枠が外れると基礎が出てきます。

土間コンクリート

住宅の場合は、下(床)からの湿気を抑える目的でビニールシートを被せるのが普通ですが、ガレージの場合は、どちらでも良いそうです。ガレージ内に部屋を作る場合は、ビニールシートを使うと良いでしょう。ビニールシートを施工したら、ホームセンターでも売っているワイヤーメッシュを置いていきます。

レーザーで位置出しを行い、入り口部分の段差の部分に、金物を溶接で設置していきます。

この金物はオリジナルで作成してもらいましたが、金物を取付しなくても問題ありません。段差部分の見た目がちょこっと良くなるアイテムです。溶接が終わったら、生コンクリートを隅々まで流し込んでいきます。

生コンクリートを流し込んだら、表面をキレイにしていきます。

乾くまで放置しますが、人や車が入らないように対策は必要です。

まとめ

既存コンクリートを撤去し、ガレージの『基礎』が完成しました。生コンクリートの特性的に、夏の時期はすぐに固まってしまい、ヒビ割れが発生するリスクが増えるそうなので、4月くらいから施工出来ると良いでしょう。基礎施工までかかった時間は、約1ヶ月。費用は約120万円かかりました。

次は、ガレージの骨組み作りです。

YouTube

【満月餃子】三重県の素材を使用したインスパイア系ホワイト餃子を食べてみた。第七餃子と比較すると・・・
【アウディ新車】まもなく発売されるAUDI Q4E-tron(電気自動車)の実車見てきたけど、カッコよすぎで痺れました。
【外構】プロ(植木屋さん)に予算250,000円でお任せプランで植栽を依頼したらどうなるの〜??
【Amazonタイムセール】『fire tv stick』を買ってprime VideoやAmazonミュージックを楽しもう!!
【超快適】ビジネスシューズ買ってみた。もう普通のビジネスシューズに戻れません。
タイトルとURLをコピーしました