YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

Warning: implode(): Invalid arguments passed in /home/mchannel/mchannel-blog.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/page-access/access-func.php on line 377

『Garage life』ガレージに自転車スタンド設置したら超絶スッキリ。DIYは楽しいねぇ。

5.0
DIY
この記事は約5分で読めます。

はじめに

ガレージ作りが終わり、『ガレージライフ』がスタートしました。

ガレージを作ったら最初にやりたかった事があります。それは、玄関に置いてあるストライダー&子供用自転車を片付ける事です。

外に置いておくと錆びてしまうし、車のトランクに入れっぱなしだと、荷物が載せれない。最終的に玄関が保管場所となりましたが、見た目的にも良くない。

そこで、ガレージに自転車置き場を設置して、玄関をスッキリさせます。

必要な材料

ガレージ作りで残った端材を使います。そのままだと白っぽいので、水性のステインで塗装しました。

▶︎塗装について 

この端材を土台として使います。それに伴い、土台を固定するビスも必要です。

使用する木材にもよりますが、今回は、40mmと75mmのビスを使いました。木材が割れにくいタイプを買いましょう。

購入した商品

ストライダー&子供用自転車をガレージに移動させるだけでは、車の出し入れの邪魔になるので、ガレージの壁に自転車を設置する事にしました。

私が購入した縦置きスタンドは、後輪用の部品も付いているので、壁が汚れません。

梱包はしっかりしており、傷も無し。手で持ってみると、ズッシリしており、自分が想像していたより大きい印象でした。

横置きタイプも販売されています。

自転車スタンドで人気の商品

自転車用のスタンドとして有名なのは、『ミノウラ』の商品です。メンテナンス用、ディスプレイ用のスタンドなども販売しています。品質が安定している日本製の商品を探しているなら、ミノウラのスタンドをチェックしてみて下さい。

▶︎ミノウラオフィシャルページ

取付場所考察

頭の中で考えてもイメージが湧きにくかったので、ストライダーを実際に壁に当てて設置場所を決めました。家に設置する場合は、2×4材(ホームセンターで買えます)に取付すると簡単かな。アジャスターを使えば、壁に穴を開けずに自転車スタンドを設置出来ますし、棚作りにも使えます。

土台設置

設置場所の裏側は、2枚目の写真のようになっています。石膏ボードの上にOSB合板を張っているのですが、土台を設置する為には、柱の部分(2×4材)にビスを打つ必要があります。

壁の中の柱の位置が分からなければ、下地センサーを使いましょう。

端材をマルノコでカットして、カットした面をサンダーでバリ取りしました。工具はホームセンターで有料レンタルするか、ホームセンターのカットサービスを利用すれば、特に買わなくても良いかな。これからDIYで作業する予定があるなら、購入しておくと便利です。

自転車を吊り下げる方(上側部分)に負荷がかかるので、横方向に柱がある場所に土台を設置しました。

スタンドが大きいので、土台は1つでは足りません。

そこで、取付位置に合わせて土台を2つ設置しました。下側の土台部分は、横方向に柱が無いのと、上側の土台部分だけで強度は出ているので、左右2箇所で固定しました。自転車の重量に合わせて、ビスの数は調整して下さい。

試しに、ストライダーを引っ掛けてみましたが、なかなか良い感じ。

スタンドの裏側部分に木材を取付しました。これは、付属のネジが太かったので、土台を突き抜け無いようにする為です。

後輪部分は、細めの端材を使ってみました。こちらは、40mmのビスを使ったので、裏側には木材は仕込んでません。

問題発生

1台設置するとこんな感じ。良さそうに見えるかもしれませんが、1つだけ問題があります。

シャッター横から壁までのスペースが、55cmしかないので、2台並べて設置するとハンドル同士が干渉してしまいます。土台をズラして設置する事も考えましたが、土台が増えるのは見た目的に好みじゃないので、別の方法で対策しました。

自転車(d-bike)は、前輪部分が重いので、ハンドルを上にして引っ掛けます。ストライダーは軽量なので、ハンドルを下にして取付します。こうすれば、ハンドル同士が干渉せず、同じ位置に土台を設置しても並べて設置する事が可能です。

ヘルメット置き場

ミノウラのスタンドなら、ヘルメットを引っ掛ける部分も付いていますが、私の購入した商品は付いていません。

無いなら付ければいいじゃんって事で、ビスを打ち込んでサクッと作成。でも、少し味気が無い。

そこで、家の中で使えそうな物を探してきました。

スパークリングワインのコルクの栓が転がってたので、これを使ってみる事にしました。

付属のビスで軽く穴を開けて、土台の裏からビスで固定します。

裏からビス留めするとグラつきなく取付できます。

OSB合板との相性も悪くないかな。

最後に

玄関に置きっぱなしのストライダー&子供用自転車をガレージの壁に設置しましたが、車の出し入れにも影響せず、デッドスペースを利用出来たので、個人的には大満足です。

玄関もスッキリ。楽しいDIYでした。

YouTube

チャンネル登録待ってます。


タイトルとURLをコピーしました