YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

【男の隠れ家/秘密基地】ガレージの壁面の作り方と設置方法

ガレージ
この記事は約8分で読めます。

はじめに

前回のブログでは、基礎の上に土台を設置する方法について紹介しました。

▶︎土台設置について

※YouTubeでも紹介していますので、お時間あればご覧下さい。


今回のブログは、土台の上に柱を立てて、壁面を作る方法を紹介します。

ガレージの壁面の作り方

これから『ガレージの壁面』を作っていくのですが、雨対策で土台な貼っていた防水シートを剥がします。

防水シートを剥がしたら、最初に、『作業台』を作っていきます。

作業台は必須

使用するのは『2×4(ツーバイフォー)』と『2×6(ツーバイシックス)』材を使います。

この『作業台』を作る事で、作業効率が大幅にUPします。

次に、壁面(下側)の木材と土台を仮固定します。

後は、図面通りに柱を置いておき、壁面を作っていきます。

壁の起こし方

壁面を起こす際に、土台からズレたり落ちないように、端材を土台の角に取付したら、以下のように壁面を起こします。

①筋交を取付する

②壁面を起こしたら筋交を土台に固定する

③土台と壁面をビスで固定する

このように作業すれば、壁面がグラついたり、倒れたりする事はないでしょう。

これで壁面が1つ土台の上に設置出来ました。実際に起こしてみると、結構迫力があります。

壁面を起こしたら、『高圧エア釘打ち機』を使用して、土台と固定していきます。釘を打ち込む時に、パシューと気持ちの良い音が聞こえます。

シャッター取付場所の両サイドの壁面が出来たら、『』を入れます。開口部の大きさによって、梁の太さや厚みは変わってきます。

梁を固定したら、天井部分の木材を固定していきます。

ドア設置予定の開口部にある木材は、ノコギリでカットします。ドアを取付するまで、この状態でも問題ありません。

壁は4面あるので、残りの壁面も2×4材で組み立てていきます。窓を取り付ける場合、ドア周りやシャッター周りと同じように、補強が必要です。

最後に

今回は、ガレージの壁面の作り方と設置方法を紹介しました。壁面が完成すると、ガレージの形がよく分かります。次回のブログは、ガレージの構造の要である『トラス構造』の屋根を設置していきます。

YouTube

【劇変!!ビフォーアフター】オープン外構からクローズ外構に変更したら超快適空間に変わりました。
【満月餃子】三重県の素材を使用したインスパイア系ホワイト餃子を食べてみた。第七餃子と比較すると・・・
【アウディ新車】まもなく発売されるAUDI Q4E-tron(電気自動車)の実車見てきたけど、カッコよすぎで痺れました。
【外構】プロ(植木屋さん)に予算250,000円でお任せプランで植栽を依頼したらどうなるの〜??
【Amazonタイムセール】『fire tv stick』を買ってprime VideoやAmazonミュージックを楽しもう!!
タイトルとURLをコピーしました