YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

ヒアレイン点眼液0.1%がスイッチOTCとして販売|効能・効果にドライアイが含まれていない理由とは|

薬剤師
この記事は約5分で読めます。

はじめに

画像引用:参天製薬ホームページより


参天製薬株式会社は、2020年9月16日より全国の薬局やドラッグストアで販売開始しました。TVコマーシャルでは女優の石原さとみが出演しています。さて、今回はヒアレインSについて分類や医療用医薬品との違いについてまとめてみました。

ヒアレインS

ヒアレインSは、『精製ヒアルロン酸ナトリウム』という保水成分を、医療用と同濃度配合した日本で初めての目薬です。ヒアルロン酸ナトリウムは涙に流されにくく、瞳に長く留まる事で、潤いを持続させます。

まばたきの減少やコンタクトレンズ装着などにより、涙が不安定になると、『目の乾き』『かすむ』『目の疲れ』などの不快な症状を引き起こす事がありますが、そのような症状に使えるのが、スイッチOTCであるヒアレインSです

スイッチOTCとは・・・

医療用医薬品医師が発行する処方箋に基づいて薬剤師が調剤してから受け取る事が出来る薬)として用いられた成分が、OTC医薬品Over The Counterの略で、カウンター越しに説明を受けてから購入する事が出来る医薬品)にスイッチ(転換)された薬の事を、スイッチOTCと呼んでいます。

背景には、医療費が高騰しており、軽度の体調不良の場合は病院に受診しなくても、ドラッグストアなどで購入出来る医薬品で対応出来れば、医療費を削減可能なので、一定の条件(使用実績が長く副作用が少ない・・etc)を満たした医薬品をOTC医薬品として認可するようになっています。

例)ロキソニンSなど

続いてOTC医薬品についても少しだけ説明すると

OTC医薬品の分類


OTC医薬品は、要指導医薬品と一般用医薬品に分かれます。一般用医薬品は、さらに第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に分かれます。

要指導医薬品と一般用医薬品の違いは、インターネット、郵便での販売の違いです。

要指導医薬品➡︎不可   一般用医薬品➡︎可能

要指導医薬品は、市場に初めて登場した医薬品で、慎重に販売する必要がある為、薬剤師が購入者から必要な情報の聞き取りを行い、書面を用いて対面で医薬品の説明を行う事が義務付けられています。その為、インターネットでの販売は不可となっています。一方でロキソニンS等は、第一類医薬品なのでインターネットで販売も可能となっています。

次に、一般用医薬品の分類の違いですが、第1類医薬品は書面での情報提供が義務で、第2類医薬品は努力義務、第3類医薬品は法律上の規定はありません。

薬剤師は全てのOTC医薬品を販売可能で、登録販売者は第2類医薬品まで販売可能となっています。

第1類医薬品は、薬剤師の説明無しで購入されないようにショーケースや購入者の手の届かない場所に陳列されています。ドラッグストアでロキソニンSを購入する場合は、薬剤師がいる時間に行かないと買えません。

要指導医薬品は販売するのに色々制限があって、第3類医薬品は規制は軽いと認識出来れば十分です。

ヒアレインSの効能・効果

☑︎効能・交換

目の次の症状の緩和:乾き、異物感(コロコロ・チクチクする感じ)、疲れ、かすみ、ソフトコンタクトレンズorハードコンタクトレンズ装着時の不快感

☑︎用法・用量

1回1滴、1日5〜6回点眼

☑︎成分

精製ヒアルロン酸ナトリウム、アミノカプロン酸、エデト酸ナトリウム水和物、クロルヘキシジングルコン酸塩液、等張化剤、pH調整剤

☑︎発売日

2020年9月16日

☑︎価格(税抜き)

1580円(2本入り)

参考:参天製薬ホームページ/ヒアレイン添付文書(説明書)より

ヒアレイン点眼液とヒアレインSの効能・効果の違い

要指導医薬品として販売されたヒアレインSの効能・効果と、医療用医薬品であるヒアレイン点眼液0.1%を比較して見ると、『ドライアイ』の効能・効果が書かれていません。

ヒアレイン点眼液0.1%の効能・効果

引用:ヒアレイン点眼液0.1%添付文書より一部抜粋

成分は同じなのに効能・効果が違う理由は??

ヒアレインSの効能・効果に『ドライアイ』が入っていないのは、ドライアイは眼科医が診断し、継続的に治療をすべきものという眼科学会や眼科医会の考えに則り、『ドライアイ』の効能・効果は記載されていないのです。

販売元の参天製薬のスタンスとしては、乾きや異物感ある時にヒアレインSを使って、十分に効果が得られなければ眼科医に受診するように促しています。

本音は『ドライアイ』に効能・効果があると記載したいはずですが、そうしないのは、眼科医の機嫌を損ねるかもしれないからでしょうか。

薬剤師の立場から言うなら、成分は同じだから、『効能・効果』はヒアレインSもヒアレイン点眼液0.1%も変わりません。ドライアイの人が病院に受診できない時は、薬局やドラッグストアで購入しても全然アリでしょう。

まとめ

参天製薬よりヒアレインSが、スイッチOTC医薬品として2020年9月より販売開始になりましたが、要指導医薬品なのでネットでの購入は不可です。薬剤師による説明が無いと購入する事は出来ませんが、目の乾きや異物感を感じた時に、病院に受診せずに購入出来るのはメリットでしょう。

目の潤いを持続させたいならヒアレインSを使う!

目の乾きだけなら、防腐剤無添加の人工涙液ソフトサンティアで十分です。

症状に合わせて使用して下さいね。

タイトルとURLをコピーしました