YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

Warning: implode(): Invalid arguments passed in /home/mchannel/mchannel-blog.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/page-access/access-func.php on line 377

IPFのポジションバルブ取付したら世界が変わった。取付方法とオススメの商品教えます!!

ハイエース
この記事は約11分で読めます。

M channel blogへようこそ

このブログの内容

ポジションバルブを交換しようとしている方に、おすすめの商品の紹介と取付方法を記載しています。

ポジションバルブ

ポジションバルブは、スモールランプや車幅灯とも呼ばれており、朝方や夕方など薄暗い状況下で使われる、車の前面部分にあるランプの事を言います。一般的な自動車の場合、ヘッドランプを点灯させるのにスイッチが2段階になっていますが、1段階目をオンにすると、ポジションバルブが点灯します。

いままで取付してあったポジションバルブです。数年前のIPFの商品ですが、普通に使えていました。LEDに交換するなら『IPF 』を選択すれば間違いありません。YouTubeやブログで既に紹介していますが、ヘッドランプやフォグランプをIPFの商品に交換しましたが、トラブルもなく夜間のドライブも楽しくなるくらい快適です。

⬇️詳細は下記のブログ参考にして下さい⬇️

ポジションバルブ適合について

ポジションバルブを交換する場合、どの商品が適合するのか分からない人もいるかもしれません。そこで自分の車種が、どの商品を購入したら良いのか簡単に調べる方法があります。

画像引用:IPF公式ホームページより一部抜粋

IPFの公式サイトに、適合についてまとめられていますので、自分の自動車メーカーと車種名で調べると簡単に調べる事が可能です。ハイエースのポジションバルブは全ての型式でT10と記載されているので、T10の商品を選択すれば大丈夫です。

おすすめのポジションバルブ

ヘッドランプやフォグランプをIPFにしたならポジションもIPFでしょ!!って事で、IPFの商品の中で、気になった商品を2つ購入してみました。蓄光タイプには二色あり今回はブライトブルーを選びましたが、ブライトグリーンも発売されています。

504WとXP-62の違い

504Wの特徴
  • 驚異の全光束300ルーメン
  • 超高効率・超高輝度LED5個搭載
  • IPF製ヘッドライト&フォグランプと同発光色(6500K)

全光束は驚愕の300ルーメンで、めちゃめちゃ明るい。しかも、360°全方向照射。取付するリフレクター形状に問わず、6500Kの美しい白色光を隅々まで照射します。

IPFのヘッドランプバルブや、フォグランプ合わせて取付すれば、フロント周りの統一感が出ます。

XP-62の特徴
  • 消すと光る魔法の蓄光レンズ
  • 全反射クリスタルカットのレンズ
  • 照射角300°の広角に照射
  • 純正球と変わらぬ製品サイズ

ポジションバルブを消灯させると、妖しく光ります。イメージ的には、時計の文字盤をイメージしてもらえれば分かりやすいかな。

高性能蓄積光材の『ルミナーバ』を特殊樹脂に配合する事で、蓄光の明るさと、持続性を実現した商品です。蓄光色は2種類あり、ブルーとグリーンが販売されています。

ポジションバルブの取り付け

ハイエースの場合、ヘッドライトの裏側のスペースがほとんどないので、ヘッドライトを外さないと交換出来ません。

ヘッドライトさえ外せれば、ポジションバルブを入れ替えるだけで簡単に交換可能です。注意点として、LEDには極性があるので交換しても点灯しない場合は、180°向きを変えましょう。

▶︎ハイエースのヘッドライトの外し方

点灯イメージ

504WとXP-62を比較してみました。

504Wは6500KでIPFのフォグランプの色とほぼ同じです。ヘッドライトも同じ色で統一感が出ている事が確認出来ます。XP-62は、青白い感じになっています。

ヘッドランプを消灯させると色、の感じがもっと分かりやすい。504Wは300ルーメンでIPFのポジションランプと同等の色。XP-62は光り方は少し控えめですが、青っぽい感じ。

明るい場所、暗い場所で撮影しました。ポジションランプ消灯後も、蓄光で妖しく光っています。

片目だけ装着していますが、ターミネーター的な感じでカッコ良い。

まとめ

ヘッドランプ、フォグランプに続いて、ポジションバルブもIPFにしました。

統一感を出したいなら504W

目力UPさせたいならXP-62

今回紹介した商品

YouTube

タイトルとURLをコピーしました