YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

【夏の光熱費対策】日よけシェードを取付したら効果あるの??実際に試してみた。

DIY
この記事は約39分で読めます。

はじめに

マンションに住んでいた時は、東向きの部屋だったので、日中の日差しがキツく感じる事は殆ど無かったのですが、一戸建てを購入してから最初の夏を迎え、南側の窓からの日差しが気になるようになりました。

その対策として、『日除けシェード』を購入したので、取付して効果を確かめてみる事にしました。

▶︎私が家を購入した理由

とりあえず窓を調べよう

我が家の場合、三協アルミの窓が使われていました。とりあえず純正品で対策出来る物があるかどうか調べてみました。

こちらの商品は、外付けロールスクリーン『ラクシェード』という商品です。

値段もそこまで高くないので、断熱プチリフォームにはピッタリかもしれません。

ラクシェードは、基本的には外壁に取付する商品ですが、外壁に穴を開けると保証が使えなくなるケースも考えられます。

その場合は、今回紹介する『日よけシェード』or『アウトドアフレーム』を使えば、外壁に穴を開ける必要がありません。

ミスト取付部材も販売されてるので、ミストを併用すれば、涼しくなる事は間違いありません。

外付けシャッターが付いていても、持ち出しタイプ(出幅130mm)を選べば、取付出来る可能性もありますので、シャッターの出幅を測ってみると良いでしょう。

実際に、『ラクシェード』を取付した場合どのくらい効果があるのかも公表されています。

1階の窓から入る熱が73%と、1番多い事が分かります。

ラクシェードを取付すると、日差しを約81%カットして、温度的には−3.2℃の効果があるみたいです。

金額的にはどれくらいの節電効果があるのかも見ておきましょう。

三協アルミの窓の種類や選ぶラクシェードのカラーによっても異なりますが、一般複層ガラスのマディオPの場合(ラクシェードブラウンカラー)、3780円の節電効果がある事が分かります。断熱に特化したガラスでも効果はあるようです。

LIXILの窓の場合は、『スタイルシェード』という商品があります。

とりあえず窓のメーカーを調べてみて下さい。純正品ならフィッティングは間違いないです。

購入した商品

コスパ重視なら『日よけシェード』一択です。ホームセンターでも買えるし、DIYでも設置できるのがメリットです。早速取付していきます。

『2m×3m』の日よけシェードを購入。

遮光カーテンみたいな感じ。

シェードを取付する為の金具は、サッシに挟んで使用するタイプを選びましたが、シールで貼るタイプなどもありますので、好みの金具を選んで下さい。

シェード取付

サッシに取付しようとしたのですが、外付けシャッターが引っかかって、下がらなくなる事が判明しました。

防犯上よろしくないので、シャッターに金具を取付しました。金具を取付する際は、取付する場所に、予め養生テープ等で保護しておくと傷防止になります。

取付金具を設置しても、シャッターのロックはかかります。

3箇所だけだと日よけシェードが弛むので、雨樋に紐を付けて、下側はフェンスの支柱に取付しました。

屋根ができたので・・・

布切れ1枚ですが、直射日光下に駐車していた場合と比較すると、車に乗った時のムワッとした感じは確実に減りました。

問題発生

風が強い日は、シェードが上下にバタバタするので、それにつられてシャッターが下がり、フックから外れてしまいます。

また、強く引っ張られた影響で、ハトメがシェードから外れてしまいました。

対策

取付金具を外して、2階から吊り下げる。

ハトメが外れないように、手縫いで強化。

2階から吊り下げるだけなら、風の影響も少ないし、窓にシェードを挟めばバタバタしない。台風が接近する場合は、2階のベランダに巻き取って置いておけば大丈夫でしょう。

節電効果検証

2階からシェードを吊り下げるスタイルの場合、ラクシェードとほぼ同じ感じになるので、節電効果を確かめてみました。

真夏日の昼の12時に確認したのですが、エアコン温度の設定より−3℃部屋の温度が下がっている事が分かります。これは、三協アルミが公表している−3.2℃と近似しており、約3,800円の節電効果が見込めそうです。

最後に

簡単に設置出来る日よけシェードは、ラクシェードなどの純正品と比較すると、取付簡単で値段も安いのに、節電効果はバッチリです。

唯一のデメリットは、紐で吊り下げているので、見た目が悪いことぐらいかな。夏の光熱費が気になるなら、1階の窓の日差しをカットするのが1番効率が良さそうです。

オススメのシェードと取付金具

私が購入した商品は、ハトメが取れやすかったのと、風で煽られると取付金具からシェードが外れやすかったので、購入検討しているなら『タカショー』の商品をオススメします。

2階から吊り下げるなら4mあると便利かな。

フックのハズレが気になるならフックタイプにしましょう。マグネットタイプなら傷が付かないのもメリットかな。

サッシに取付するならこちらの商品。

取付金具とセット商品もあります。

骨組みが入っているタイプもあります。壁に立てかけて使用出来るので、圧迫感が少し減ります。

小窓対策するならこちらの商品。

縦長の窓用のシェードもあります。

ベランダでも気楽に設置出来ます。

YouTube

YouTubeでは、固く結べて簡単にほどける結び方についても紹介しています。お時間あればご覧ください。


タイトルとURLをコピーしました