YouTuberとして生きていく

チャンネル登録待ってます( ・∇・)ノ

YouTubeを見る

【とりの日】毎月28日はケンタッキーフライドチキンへGO!!鶏白湯スープ作れば最後まで楽しめます。

ライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

はじめに

毎月28日は、KFC(ケンタッキーフライドチキン)の『とりの日パック』という期間限定の商品が販売されます。カーネルサンダース秘伝の11スパイスを使用したオリジナルチキン4ピースとナゲット五個のセットが、通常価格¥1380→とりの日価格¥1000で楽しめます。

▶︎KFC公式ホームページ

とりの日パック

今月(8月)の28日は、クリスマスの混雑よりはマシですが、結構混んでました。久々のケンタッキーにテンション上がります。

箱を開けた瞬間に、KFC特有の匂いが溢れ出します。

KFCを食べる準備が整ったら、紙をめくります。

このままかぶりつきたい所ですが、最高状態で食べたいので、チキンを温め直します。

KFCオリジナルチキンの温め方

・電子レンジの場合

ラップはせずに、オリジナルチキン1個につき500Wで30秒〜1分加熱。

※1000Wの場合な20秒〜40秒加熱。

・オーブントースターの場合

アルミホイルに包み、180℃〜200℃で5〜8分加熱。

KFC公式ホームページより

個人的な好みとしては、180℃で4分間加熱で十分。4分でも素手で持てないくらい熱くなります。

それでは食べていきます。

最初の一口が至高の美味さ。

いつ食べても変わらないKFCの味。衣うますぎ。

タンパクな部分は、ケチャップを付けると美味さ倍増します。

タバスコかけて食べるのも上手い。

とりの日パックのナゲットも食べていきます。

『とりの日パック』のナゲットは五個入っています。

マクドナルドのナゲットと比較すると、KFCのナゲットは色が濃くて、形はキレイな楕円形です。一方マクドナルドのナゲットは、衣の色は薄く形はバラバラです。

断面を比較してみました。KFCは成形してるせいなのか、肉がギュッとしている感じで、マクドナルドより薄くなっています。

食べ比べてみると、

KFC→衣が柔らかく、肉はしっとりしてる

マクドナルド→衣はサクサク、肉はジューシー。

ナゲットはマクドナルドのほうが好みかな。

ポップコーンチキン

KFCから新たに発売された数量限定の『ポップコーンチキン(POPCORN chiken)も買ってみました。こちらの商品は、KFCオリジナルチキンと同じ味をポップコーンサイズにした新商品です。

袋を開けるとチキンラーメンのような匂いが漂ってきました。これは期待出来そう。

何個入ってるか数えてみます。

サイコロ上のポップコーンチキンが14個と余りが2個入ってました。

ポップコーンチキンを食べるには爪楊枝がピッタリ。手も汚れずイイ感じ。

人生初体験のKFCポップコーンチキン。ずっと見てられます。食べてみると、オリジナルチキンのようにジュワッーとした感じはないですが、手に油は付かないし、とても食べやすい。コレはアリかも。

せっかくなので3種類のソースでディップしてみます。

3種類のソースを食べ比べてみます。

バーベキューソース

→甘すぎず後味もくどくない

マスタードソース

→マスタードの粒がしっかり残っており、ツブツブ感も楽しめる。マクドナルドと比較すると酸味はしっかりしてる。

明太マヨソース

→最初に辛味がきて、そのあとにマヨネーズが追いかけてくる感じ。明太子感はあまりなし。

【個人的ランキング】

1位:マスタードソース

2位:バーベキューソース

3位:明太マヨソース

KFC鶏白湯スープ

食べ終わったKFCのオリジナルチキンの骨をフライパンに入れます。

チキンが浸るまで水を加えたら、180℃で沸騰するまで温めます。

沸騰したら蓋をして150℃で1時間煮込みます。

30分経つと白っぽくなってきます。

1時間煮込むととりの脂が滲み出て、とろっとした鶏白湯スープが完成です。

お椀に移せばKFC鶏白湯スープの完成です。オリジナルチキン5個の骨から、約1杯の鶏白湯スープが作れます。

KFC鶏白湯スープを一口飲めば、口一杯に優しい味が広がります。その味を舌にインプットしたら塩を加えます。

今回は石川県珠洲の塩を少量加えました。

塩を入れるとスープに深みが出て、美味さが倍増します。

最後に

毎月28日に開催されるKFCの『とりの日』はお得にオリジナルチキンを食べれます。簡単に作れるKFC鶏白湯スープで〆れば、きっと満足した気分に浸れるでしょう。カロリー的には・・・サラダも一緒に食べると良いかな。

ご馳走様でした。


タイトルとURLをコピーしました